旦那の給料が安くて生活に負担!主婦でもできる解決法

旦那さんのお給料が安いと嘆いていても、仕方がない。足りない生活費の為にできるお金の使い方とは?キャッシングを利用して上手に生活費を工面する節約法、返済方法を簡単にご紹介します

旦那の給料が安い!生活費を立て直すために主婦にできること

旦那の給料が安いなら|キャッシングで生活費を立て替える方法

旦那の給料が安いとなると、それだけでは生活をすることが難しくなってしまうこともあります。
もちろん、その範囲の中でやりくりをしていかなければなりませんが、どうしてもお金が足りなくなってしまうということもあるでしょう。そのような場合には、キャッシングを有効活用して金欠のピンチを乗り切るという方法があります。
ある程度お金に余裕ができるまでは、お金が足りないときにキャッシングを利用して、やりくりしていくのも一つの方法となります。

短期的な金欠を乗り切るための必要額だけキャッシング

キャッシングを利用する時に大事なことは、長く借りることになると金利の負担というのは非常に大きくなり、給料が安いからお金を借りている状況では余計に生活が苦しくなってしまうことがあります。
そのため、長期で借りるようなものではなく短期的な金欠を乗り切るために少額で済ませるというスタイルで利用をするようにしましょう。
長期間まとまったお金を借りることになるのであれば、借りやすさよりも金利の負担の少ないものを選ぶことが重要で使い分けをする必要があります。
消費者金融のキャッシングは金利は高めに設定しているところがほとんどですが、即日融資といったような、お金が足りない時だけ足りない分を借りれるといったメリットがあります。
突発的なことで、「旦那さんの給料では今月の生活費が足りない」というときにマッチした金融商品です。

旦那の給料が安い場合の生活費の捻出の仕方

世の主婦の皆様はなぜ旦那の給料が安いのか、考えたことがあるでしょうか。給料が安いことは絶対悪ではありませんが、給料が高いことに越したことはありません。しかし、なかなか給料が上がらないことが実際問題としてあります。
しかし主婦の方は、少ないお金で生活を成り立たせなくてはいけなくなります。そのためには何をすべきか、考えていきたいと思います。消費者金融でキャッシングしたとしても上手に返済していくための節約術が必要になります。

コンビニは無駄な出費の代表

生活費捻出の為には、無駄を排除していかなければなりません。まず、絶対に生きるために必要なお金(税金や保険金、食費、家賃等)は払わなければなりません。それ以外の出費をどれだけ省けるかがカギになってきます。まず、必ずスーパーで買い物するように心がけ、コンビニは極力使わないことです。コンビニはとにかく単価が高く、どこにでもあって便利なことから、よく使われますが、無駄な出費の代表です。

意外に大きな出費になるATM手数料

コンビニと似ていますが、銀行ATMやコンビニATMでは土日祝日、日中深夜、提携金融機関によって細かく手数料が違いますよね。お引き出しやお振込み手数料を取られていても余り気に留めていない方が多いです。一回の利用で100から200円と取られている手数料ですが、5回、10回と回数を重ねると1000円2000円となっていきます。
ATMの使用は月に1度と決めてしまいましょう。お給料が入ったら、定期的にかかる家賃、光熱費を支払い、生活費の当たるお金はすべて引き落として自宅管理しておくことです。買い物に行くときもカードは持たずに手持ちの現金でまかなうようにしましょう

生活費といってかかるものは食費

食費こそ主婦や奥様のウデの見せ所です。まずは外食は控えることです。疲れている時や休日などはつい立ち寄ってしまいますが生活費が安定するまでは月に何回までと回数と予算を決めておきましょう。次は節約レシピを考えてみましょう。いまではスマホがあれば、たくさんの節約レシピの情報が発見できます。比較的健康にもよいレシピが多いので旦那さんともいっしょにできたらいいですね。
食費の節約ができると大幅にお金の減り方が変わることを実感できます。お金が残ると安心感もでますし、楽しみながら節約できます

キャッシングは借りっぱなしにしないことが利用のコツ

節約方法とキャッシングというサービスを上手に使えば、旦那さんのお給料が安くても金欠時を乗り切ることができる可能性は高まります。無利息キャッシングなど独自のサービスを利用して少しでも金利を安く抑える方法もあるので各社のサービスを知っておくことが重要です。
付け加えて、借りたお金はできる限り早く、または期日中にきちんと返すことが基本になることを抑えておきましょう。

借りたら一括返済が基本

一括返済で返済する理由は、金利負担をなくすためです。返済時には必ず利息と計上されるので借入期間を短くしておくことが重要です。
まとまった収入があるときに、必ず一度完済して、足りなくなったら再度借入しましょう。なるべくギリギリまで旦那さんの収入で生活費をまかない、徐々に借り入れしている期間を短くしていく方法が完済と生活費の安定への近道です。
または、ボーナスが期待できる時は、最低返済額だけ、支払いまとめて返す方法もあります。
消費者金融には、初回の借入れには無利息期間を設けているところも多いです。一括返済できれば、一時的に足りない分を立て替えてもらい完済ということもできます。
借り入れすることは悪いことではありませんが、長期間の借入れはなかなか元金が減らないと重荷になってしまいます。借入れがあるうちは余ったお金は少しでも返済に当てるようにしましょう。