交際費が必要!! 今夜19時の予定に間に合わせるには!

デートに飲み会、突然のコンパ。急に交際費が必要になる時ってありますよね。 1万円~3万円程度ですが少額とはいえ人に借りるのは気が引けるもの。 そんな時便利なキャッシングですが、今夜急に必要になった場合間に合わせる方法をご紹介いたします。

足りない交際費を今夜の飲み会に間に合わせる方法

急にお金が必要になった時便利なのがキャッシングです。

あらかじめ申込でおけばコンビニのATMから

お金を引出すことが出来るのでどこでも対応してくれます。

ですが、もし申込がまだの場合、その日のうちに

本当にお金を手にすることは可能なのでしょうか?

せっかく申込んだのに今夜の予定に間に合わず、

結局人から借りることになった。

何てことになった申込にかかった時間も

無駄になってしまいますよね。

そんなことにならない為に交際費が必要な時、

キャッシングで今夜の飲み会に間に合う方法を

お話しておきたいと思います。

キャッシングで今夜の交際費を間に合わせる時に必要な事

今夜どうしても交際費が必要な場合、

誰かに借られるあてがない時はキャッシングが便利ですが、

今夜の飲み会に間に合う様にするにはどうしたら良いでしょうか?

ご存知かもしれませんがキャッシングの申込には審査が必要です。

審査の判断基準は各社違うので通るか通らないかは

実際に申込んでみないと分かりませんが、

各社必ず必要になって項目があります。

それは収入証明書類と在籍確認です。

収入証明書類とは源泉徴収票か確定申告書、

または1番新しい給与明細2ヶ月分(賞与がある方は賞与明細)の

事ですぐに用意できない時もありますし、

在籍確認は職場が休みの場合、そこで審査が一時的に

ストップしてしまいますので、すぐに交際費が必要な時に不利に働きます。

これら申込時の障壁を回避して交際費を今夜に間に

合わせる方法を紹介したいと思います。

今夜交際費が必要!プロミスのキャッシングはコンビニ振込が便利

結論から言うと間に合わせる方法はあります。

ですがどのキャッシング会社もそうですが

18時以降の申込だと厳しいと言わざるを得ません。

何故なら18時以降はどのキャッシングも

申込が殺到し、審査に時間がかかるからです。

それは最速30分審査を謳うプロミスでも同じで

審査結果が出るまでに一時間かかることもあります。

ですから19時に間に合わせたい場合はなるべく

午前中に申込をしておくべきでしょう。

プロミスの場合50万円以内なら収入証明書類は

必要ありませんから申込時に運転免許証などの

本人確認書類だけで審査をしてくれます。

ネット申込が可能なので仕事の空き時間を

利用して申込事ができます。

そうなってくると、気になるのが在籍確認ですが、

仕事中なら在籍会社が休みという事はないですから、

安心して申し込めますよね。

もし在籍確認の電話が来てほしくないと言うことであれば

プロミスは50万円までなら書類だけで審査してくれますので、

職場にバレずに申込ができます。

この場合は収入証明書類が必要です。

それでは振込までにかかる時間ですが、

契約が完了した時点ではプロミスのカードがないので、

現金を引き出すには店舗かローン契約機までカードを受け取りにいくか、

振込キャッシングを利用する必要があります。

もし三井住友銀行かジャパンネット銀行のカードをお持ちなら

振込キャッシングを強くオススメします。

通常振込キャッシングは指定した銀行の営業時間によって

振込までに時間がかかります。(14:50までに振込手続きが完了していないと当日に交際費を手にするのは難しいです)

ですが、三井住友銀行かジャパンネット銀行のカードに限り24時間、

瞬時に振込をしてもらえる瞬フリが使えます。

振込手数料も無料なのでムダなく借りたお金を使う事ができます。

今夜お金が必要だと言う時にはぜひとも

使いサービスですよね。

 

プロミス
実質年率 利用限度額
4.5%~17.8% 1~500万円
審査時間 融資までの時間
最短30分 最短1時間

谷原章介の緩い感じの演技が人気のCM「お前らやっぱりプロミスだ!!」のセリフでおなじみのローン会社
平日14時までWEB契約完了で当日振込
14時を過ぎても、ネットで申し込んで、審査通過後
自動契約機にいけばその日に借りられる。
簡単3秒診断で、お借入れできるか確認可能
初めての方はいつでも30日間無利息

モビットの即日キャッシングは19時以降でも利用できるか

モビットでキャッシングをする場合14時までに

振込手続きが完了していないと

即日融資は正直厳しいと言わざるを得ません。

モビットの公式ホームページでは

14:50までに振込手続きが完了していれば

即日融資が可能と謳っていますが実際には15:00直前での

振込になると銀行側の判断で翌日に回されてしまうこともあるのだとか。

ですのでモビットを利用する際は万が一の時を考えて

午前中に申込をしておく必要があります。

特に「交際費が今夜欲しい」などと急いでいる場合は、

ネットで申込した後、モビットのコールセンターに連絡し

急いでいる旨を伝えるとすぐに審査の手続きに入ってくれます。

それでは、もし15:00を過ぎてしまった場合、

モビットを利用して19時までに

交際費を借入する事はできないのでしょうか?

近くにモビットのローン契約機があればそれも可能です。

ネットで契約を完了した後に発行される

予約番号をローン契約機に入力すると

モビットカードが発行されます。

受け取ったカードを使ってATMから引出しが出来るので

万が一15:00を超えてしまった場合

モビットで即日借り入れをするには、

この方法しかありません。

※モビットカードの発行には運転免許証等の本人確認書類が必要になります。

プロミスでは50万円までなら収入証明書類が必要ではありませんでしたが、

モビットはどうでしょうか?

モビット公式ホームページには申込手続きに必要な書類として

収入証明書類としか明記されていませんが、

モビットに問い合わせたところ50万円までなら

収入証明書類はなしでも審査をしてくれるとのことでした。

在籍確認に関してもプロミスと同様50万円までなら

収入証明書類で代用できるようです。

ただし繰り返しますが公式ホームページには載って

いませんので、もし審査に通らなかった保険として

プロミスも同時に申込でおいた方が良いかもしれません。

モビット
実質年率 利用限度額
3.0%~18.0% 800万円
審査時間 融資までの時間
10秒簡易審査 最短3分

働く人の頼れるローン!年会費・入会金は無料!
WEB完結申込なら、電話連絡・郵送物なしだからご利用開始までがスピーディー
実績からくる安心感と、豊富なATMも魅力的
※WEB完結申込を利用するには
・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険賞)、もしくは組合保険証を持っている
の2つの条件を満たしている必要がある。