【元銀行員のホンネ】生活費を今日中に工面するには ! 主婦も借りれるキャッシング !

主婦(夫)が生活費を補填するために今日中に申し込みして即日利用できるカードローンってあるでしょうか? 主婦と言っても最近は働いていない専業主婦からパート・アルバイトで収入のある主婦まで色々です。さらに短期・長期と労働条件も様々です。その中から今回は専業主婦にスポットライトを当てて利用可能なカードローンを解説します。

キャッシングで生活費を今日中に工面する方法

今日中に生活費を工面したいときに使えるキャッシング

30歳代主婦です。現在働いていないので専業主婦と言い換えたほうがいいかもしれません。主人は働いていますが会社の規模が小さくてボーナスもないし、自動車のローンの支払いや子どももいるので毎月のお給料だけではいつも赤字ギリギリです。少し金銭的に余裕を持ちたいのですが、専業主婦の私の名前で借りて光熱費や食費など、いわゆる生活費にも回せる資金使途が自由なカードローンはあるでしょうか? しかも生活費は毎日必要なものなのでできるだけ今日中に工面できるようなカードローンだとよりありがたいのですが。

しずぎんカードローン「セレカ」
年利 限度額
4.0%~14.5% 10万~500万円まで※主婦の場合50万円まで
「セレカ」の特徴
  • 専業主婦申込OKなカードローン(主婦の場合借入限度額を50万円に制限)
  • 10万円以内の借入の場合、月々の返済は2,000円!
  • ネット完結のカードローンなのでカードローンを利用しているとバレにくい
  • 即日振込OK ⇒ ネットでの申込後手持ちの口座に即日振込可能(※審査結果によるので平日の午前中に申込を完了させた方がベスト!)

主婦でも使えるカードローン『セレカ』

質問者は「専業主婦」で「今日中」に資金を用立てたいがご希望です。このような要望にお応えできるカードローンは静岡銀行のカードローン「セレカ」です。

セレカの申し込み可能な対象者の中に「専業主婦」は含まれていませんが「主婦(夫)」があります。これは読み方によって「収入のある主婦(夫)」とも読めないことはないのですが、一方他の金融機関でよくカードローンの条件につけられている「安定した収入のあること」という条件がセレカには見あたりません。つまり必ずしも安定した収入が必須の条件ではないわけです。その上さらに静岡銀行は銀行であるため、貸金業法でカードローンの申し込みに所得条件がつけられている総量規制の制限を受けません。あくまで銀行独自にセレカに必要な収入の判断ができます。

※ 総量規制とは貸金業者は申込人の年収の3分の1までしか貸し付けできないという法律のこと

セレカのウェブサイトの申し込み画面でその点をチェックしてみると、所得のない専業主婦の場合は家族内での総収入を付属的に判断材料にしている可能性があります。日本の場合、夫婦のひとりが仕事に出てもう1人が家庭内を切り盛りする姿は一般的です。その場合、生活は家族単位で行うわけですから当然収入も支出も家族単位で推し量る必要があります。専業主婦なら所得のないのは当然で、それを前提として配偶者に安定した収入があればそれをカードローンの返済財源として取り扱いするのは全く合理的な判断です。そのため、静銀では収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、50万円を上限としてセレカが利用できる可能性は十分あります。また一般的に50万円も利用極度額があれば生活費の補填に利用するには十分ではないでしょうか。

即日融資にも対応

セレカは即日融資・即日利用にも対応しています。地方銀行である静銀は以前はセレカの対象者を静銀の店舗のある営業区域に限定していましたが、現在は日本全国どこからでも申し込みできる態勢に切り替えています。そしてその方法として採用しているのがネットを利用したWEB完結システムです。パソコンやスマホ・ケータイからネット経由で申し込みできるので全国どこに住む主婦でも申し込みできます。

申し込みは簡単でネットで申し込み、最短30分で審査をしてくれて回答が得られます。審査を通過した人は融資契約の手続きが必要ですが、その場合も事前に静岡銀行に普通預金口座を開設していなくても融資は受ける方法はあります。ただ口座を持っていない人も返済を静銀の普通預金口座から口座引き落としで行う必要から最終的に開設は必要になります。

セレカカードは別郵便で本人宛郵送されて1週間ほどで手に入ります。セレカカードはキャッシュカード・ローンカード兼用タイプのカードローンです。

申し込みしたその日の内に資金が欲しい人は初回限定ですが、利用極度額の範囲において静銀より融資を振込にて対応してもらえます。しかも振込してもらう口座は静銀である必要はなく、本人取引の銀行・信用金庫の口座でも可能です。さらに振込手数料も無料です。したがって質問者の場合も即日融資のあと、ご本人の取引金融機関の口座に振込をしてもらって、即日自分のキャッシュカードを使って静銀ATM、提携のセブン銀行・全国銀行ATMから資金を引き出して生活費に充てることができます。

生活を工面するためにキャッシングを使うメリット

当然ながらカードローンの利用にはメリットもあればデメリットもあります。ここではそのメリット・デメリットをまとめておきますが、メリットを活かしつつ、できるだけデメリットが少なくなるよう、カードローンをうまく活用していただきたいと思います。

メリット

①生活費というのは毎日の支出項目なので緊急性が高いです。カードローンを使ったキャッシングはいつお金が必要になっても利用極度額内で反復使用できるので大変利用価値があります。

②セレカの場合、24時間振込キャッシングが利用できます。一度インターネットバンキング契約を結んでおけば、必要なときにパソコンやスマホ等から借入・振込指示が出せますので便利です。店舗に出向く必要もないので特に静岡銀行から遠隔地に住んでいるセレカ利用者の利便性が高くなります。

③現在新規取引時に限定されていますが、最大45日間の金利のキャッシュバックキャンペーンが継続中です。いわゆる金利ゼロキャンペーンです。これをうまく活用すれば生活費に関する借入が一定期間金利が掛かりません。ただし申し込みのタイミングでキャンペーン期間が15日と短くなるケースもあります。

セレカは借入も1,000円単位から可能です。他行では1万円単位から借り入れ可能なところが多く、生活費をベースに借り入れする主婦にとってこの単位で細かく借り入れできるセレカはまさに主婦の味方と言えます。

⑤金利が相対的に安い

セレカの魅力は金利が安いところです。新規取引、とりわけ借入条件が厳しい所得のない専業主婦にとって金利が安いことを望んでもなかなか希望通りにはなりません。消費者金融の新規取引だとほぼ間違いなく初回金利は18.0%前後に設定されることでしょう。しかしセレカではありがたいことに最初から上限金利は14.5%に設定されています。専業主婦が仮に審査に通過して50万円の利用極度額が認可されても金利は14.5%が上限です。これはセレカの利用者にとって十分メリットになるでしょう。

デメリット

①専業主婦の場合、審査に通るポイントのひとつが配偶者の安定した収入によると述べましたが、これがデメリットになる場合があります。それはこの借入した主婦が夫にセレカカードを利用していることを知られたくないケースです。残念ながら、専業主婦が仮に最大利用極度額50万円借り入れできたとしても、それを可能にした根拠は配偶者である夫に安定した収入があることです。家族内で秘密にするにも限界があるでしょう。もちろん内緒にする方法もありますが、その点では専業主婦の思い通りにはならないかもしれません。

②カードローンは借りやすい利便性が逆にデメリットになります。借りやすい分、利用額が上がり易くさらに借りっぱなしになりがちです。特に生活費に充当するとなると借りっぱなしが長期化して支払い総額が増えます。ATMでの随時返済ができますので資金の余裕のあるときにまめに返済するよう心がけてください。

返済方法

専業主婦が仮に50万円借りれるとしたら

セレカの場合、50万円が主婦(夫)に融資可能な上限です。これ以上の増額希望には対応しておりません。しかし生活費の補填として借り入れするには一般的にこの利用可能額でも十分だと考えますし、これ以上借り入れするときちんとした返済プランを立てねばなりません。仮に利用可能額一杯を借りたとしたらセレカの場合、利息は1ヶ月でおよそ50万円×14.5%×30日÷365日=596円です。もちろん返済には元金も伴いますが、いずれにしてもそれほど大きな負担にはなりません。セレカの返済額は前月末の利用残高に応じて変動しますが、セレカのウェブサイトの事例にあるように仮に借入額が10万円以下なら月々の返済額は2,000円となり主婦のお財布には大変易しいです。さらにこれに最大45日間利息のキャッシュバックサービスを加えることができればより魅力的です。

ただ返済の負担が少ないと言うことは裏返せば返済期間が延びると言うことであり、金利を含む総支払額が増えることになります。セレカの基本的な返済方式は静銀の普通預金口座から毎月10日に口座振替することですが、資金に余裕があるときにATMから随時返済が可能です。総支払額を減らすためにはこの随時返済をいかに効率よく活用するかがミソなので、常に意識しておく必要があります。

生活費を工面するために最短で審査が通るようにする方法

最近金融機関では即日審査・即日融資をウリにしているところが多くなっていますが、どちらかというと消費者金融が土日・祝日にも審査もやってくれるので利便性からいえば分があります。しかし金利面の低さや所得のない専業主婦にまでキャッシング可能なカードローンの対象を広げると俄然銀行カードローンの存在感が増してきます。その中でもしずぎんセレカは即日融資・即日利用の面と主婦(夫)までカードローンが利用できるという点、あるいは金利の水準でも銀行の中でもトップクラスといえるのではないでしょうか。

セレカではWEB完結というインターネットを使った方法で即日融資を可能にしています。全国どこからでもインターネットより静銀セレカを申し込みできて、手続き案内に沿って申し込みをすると最短30分で審査の回答が得られます。本人確認書類をスマホカメラなどで画像化して送り、同時に静銀に口座のない人はその開設手続きも済まし、初回借入で振込を選ぶと自分の指定した全国のどの金融機関でも本人名義の口座に融資金を振り込んでくれます。スムーズにいけば申し込みしたその日の内に振込まで終了して後は自分のキャッシュカードを使って取引金融機関のATMから融資を引きだして生活費に充てることができます。

ただし静岡銀行は銀行なので土日・祝日には審査はありません。WEB完結では申し込みは24時間365日可能ですがあくまで審査は平日に行われます。そのため土日・祝日には即日融資が受けられません。土日・祝日当日に資金が欲しい人は注意してください。

必要書類を準備

WEB完結の申込書類は基本的に本人確認書類のみなので運転免許証を用意してください。運転免許証が用意できない人は郵送手続きになりますので即日融資はできません。また所得確認書類は申込額300万円を超える方のみ必要なので、主婦(夫)の場合は50万円が上限であり当然不要です。ただその場合、配偶者を含めて家族の総収入を申込時に申告する必要がありますので、その場で慌てないよう事前に把握しておいてください。また普通預金開設時にキャッシュカードの暗証番号も必要になりますから悪用されにくいパスワードを考えておきましょう。

申し込みしやすい時間帯

セレカの審査は平日・銀行営業時間内で行われます。そのため申し込みは混雑を避け、さらにできるだけ午前中にしたほうがより早く審査結果を得られて即日利用につなげられると考えます。具体的には午前9:30~11:00までくらいが一番良い時間帯だと思います。また振込キャッシングまで考えるなら14:30が銀行が振込の受付してくれる限界と考えますので申し込み・審査も遅くても14:00頃までに終わらせておくのが良いでしょう。

まとめ

これまで述べてきたように主婦(夫)とりわけ「専業主婦」かつ「即日利用」というやや難しい条件を両方満たしてくれるカードローンというものはそれほど多くはありません。その点ではしずぎんのカードローンセレカはまさにうってつけのカードローンでないでしょうか。もし主婦(夫)本人にパート・アルバイトなどの仕事があって一定の勤務実績の元で「安定した収入」があればさらに審査が通過する確実性が高まるでしょう。

しずぎんカードローン「セレカ」
年利 限度額
4.0%~14.5% 10万~500万円まで※主婦の場合50万円まで
「セレカ」の特徴
  • 専業主婦申込OKなカードローン(主婦の場合借入限度額を50万円に制限)
  • 10万円以内の借入の場合、月々の返済は2,000円!
  • ネット完結のカードローンなのでカードローンを利用しているとバレにくい
  • 即日振込OK ⇒ ネットでの申込後手持ちの口座に即日振込可能(※審査結果によるので平日の午前中に申込を完了させた方がベスト!)