光熱費を延滞するとカードローン審査に通らない?関連性はコレだった

カードローンの審査が通らない原因は光熱費の延滞の影響だった!個人信用情報にキズがついている恐れがあります。なぜそうなったのか?今後の住宅ローンなどへの影響も出てくる可能性もあるので支払い方法を再確認してみましょう。

水道、光熱費の延滞歴でもカードローンの審査に通らなくなる?

光熱費,延滞,カードローン通らない

光熱費の延滞は審査に影響するの?カードローンに審査が通らないケースは?

結論から言いますと、水道や光熱費の延滞だけではカードローンやクレジットなどの審査が通らないということはまずありません。この審査というものは信用情報機関という貸金業者や銀行などが利用する機関で、信用情報機関の会員になっていなければそこに登録されている情報を利用する事も登録する事もできません。
これを前提に考えると、水道局や電気会社やガス会社はその会員にはなっていません。ですので、この機関を利用して延滞をした記録を登録したり、延滞歴があるのかを調べる事はできません。よって水道光熱費の延滞だけではカードローンなどの審査に影響は出ないのです。

カードローンの審査が通らない延滞というのは、その支払い方法にあります

今はクレジットカードで支払う事ができ、その利用者も多くいます。ここに落とし穴があります。
確かにクレジットカードで支払うとポイントが溜まったりと、メリットも多くあります。
ですが、このクレジットカードを発行している会社は信用情報機関の会員です。水道光熱費の会社はクレジット会社に請求をしているので、そこで延滞という事は起きません。ですが、クレジットカードの持ち主がクレジットカード会社の支払い期日に遅れてしまうと、そこで信用情報機関へ登録されてしまうのです。つまり、間接的に水道光熱費を延滞した事になり審査が通らないというが起きます。
これが公共料金で今後のカードローンなどの審査に通らないという事が起きる原因です。

引き落とし口座は必ず通帳記入

水道、光熱費という思わぬ形で信用情報にキズがつくことになりますのでクレジットカードの引き落とし、支払いには注意が必要です。水道代、光熱費をクレジットカードに使用している口座にまとめてしまうとラクです。支払額が増えたことに気づかず残金が足らなくなり、引き落としがされていなかったという話はよくあります。請求書と支払口座の通帳は必ず確認しましょう。あまり口座を確認している余裕がない方は、一度請求書払いに戻しておくことも1つの方法です。光熱費の支払いを届いた請求書で確認できますし、残高不足で引き落としができない時に起こる信用情報への影響がなくなります。

カードローンとキャッシングの違い|メリットデメリット

お金を借りやすい方法として、カードローンとキャッシングがあります。
呼び名は違いますが、基本的にはお金を借りて、利息を乗せて返す事には変わりはありません。違いは返済方法です。

カードローンは「分割返済」、キャッシングは「一括返済」

両者の違いはこれだけです。分割返済できるカードローンがいいのではと考えるのは待って下さい。確かに、大きな金額を借りなければいけない時、一括での返済が厳しい時などはカードローンを選ぶ事になるでしょう。しかし、高めの利息がついてるので出来る限り短期間で返済しなければ、相当な利息を元金に含めて返済していかなければいけません。
キャッシングは一括返済が基本なので、翌月に返済する額は借りた分に利息を乗せて返すので高額になります。しかし、その1回で終わりです。結果的に利息も少なく返済計画も立てやすくなります

それぞれのメリットとデメリット

カードローンは分割返済ができるので、大きな金額を借りる事ができる事。キャッシングは一括返済なので翌月に返済できる予定の金額までしか借りる事は出来ないですが、利息も少なく返済も1回で終わる事です。
そしてデメリットですが、カードローンは返済期間が長くなるので利息も多く支払う必要がある事。そして延滞をしてしまう恐れがある事。キャッシングは翌月一括返済が基本なので、あまり多くの金額を借りる事が難しいという事です。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、その時に適している方法を選ぶ必要があります。カードローンでもキャッシングでもあくまでも計画的に借りなければ返済困難になり、信用情報機関に登録されてしまいます。

こんな時にキャッシングができると便利|キャッシングの上手な使い方

キャッシングは一括返済が基本なので翌月に返済分の収入があるときに利用するのがいいでしょう。
キャッシング会社によっては「30日間利息がつかない」というものもあります。これを上手く利用すれば余計なお金を払う事なくお金を借りる事ができます。

30日間無利息サービス

一番分かりやすいのがボーナス前です。知人や恋人など職場が違うとボーナスが出るタイミングも違う事があります。知人や恋人が先にボーナスを貰っていて、少し豪華な食事や旅行などに行くことがありますよね。
いつもよりも多い出費がある時、ボーナスが入っていないといっしょに楽しむにも大変です。せっかくみんなで出かけているのに、一人だけお金の事を気にして楽しめないのも辛いものです。
そんな時は30日間利息がつかないキャッシングを利用するのが便利です。ご自身だけボーナスの支給時期がずれていると言っても1ヶ月もずれる事はあまりないでしょう。ボーナスというまとまった収入が入ることが分かっているので、安心してキャッシングを利用して楽しむ事ができます。

自分のお給料を前借りするようなもの

キャッシングは利用するタイミングをしっかりと見極めれば、たとえ翌月の返済額が大きくてもそこまで心配する必要もなくなります。
水道や光熱費に関してもクレジットカード支払いにしていて、返済を延滞しなければ信用情報機関には登録されません。1ヶ月だけ急な出費などでどうしても遅れそうな時は翌月の給与で支払う予定にし、キャッシングを利用するのも上手な利用方法でしょう。
ボーナスに限らず、翌月にまとまった収入があるのならば、その額を限度とご自身でしっかりと決めて上手に使いましょう。